ルックスが良い相手に口説かれると好きになる

ルックスが良い相手に口説かれると好きになる

f人生で一番忘れられない恋愛体験は、上司を好きになったことです。

 

しかも相手は、妻子持ちでした。どうしてそんな人をわざわざ好きになったのかと言えば、たぶん自分が恋愛に不慣れだったせいだと思います。

 

相手の男性は遊び人風だったので、しょっちゅう口説かれていました。バカみたいだなぁと、今になっては思いますね。

 

本当に実際バカなのですが、その時はなんだか盲目的にその人が気になっていました。

 

単純に相手のルックスが、格好良かったのです。ルックスが良い相手に可愛いと言われると、なんとなく好きになってしまうのです

 

たぶん自分に限ったことかもしれないですが、今までそういうことを言われた経験が少ないため、余計に舞い上がってしまったのだと思います。

 

今だったらそんな人好きになるなよ!とブレーキをかけますが、その時は20代前半で怖いもの知らずな部分がありました。上司とは体の関係にはならなかったけれど、だんだん会社で会うことが苦しくなっていきました。

 

結局、そのこともあって会社を辞めてしまったので、若気の至りというか自分の頭の悪さに呆れますね。どうせなら妻子持ちではない人を好きになるべきだと、そのとき強く思いました

 

まあ、当然のことなのですが...。

関連記事

  1. お別れの日を前にして気付いた恋心
  2. ビビッとくることは本当にあります
  3. 彼の本当の気持ちが見えなかった
  4. 男の人と2人で飲みに行くということ
  5. 恋愛において食事の趣味が合うかはとても重要です
  6. 初恋の甘酸っぱい想い